風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 風俗店と利用者の視線

風俗店と利用者の視線

どの業界でも共通して同じことが言えますが、広告を作成する時には利用者等のユーザーの目線に立って作成することが非常に重要となってきます。よくありがちなのが企業社側目線で広告を打ち出してしまうことが多く、紹介する内容をよく把握している人間が作成してしまうと重要な説明や簡単な説明等を省いて広告掲載してしまうので初めて目にするユーザーにとっては情報が伝わりづらい状況になってしまいます。またユーザーが最も知りたい情報が何なのかよく吟味し、その情報についてスペースを割いて掲載する事で初見のユーザーにも情報が伝わりやすく、興味関心を惹くきっかけになります。こういった広告掲載を間違った方法で掲載してしまうと思うような集客どころか、あまり良くないイメージを与えてしまう可能性も孕んでいますので広告掲載1つを取っても慎重に情報を記載し、しっかり伝わるかどうか一度確かめてみるのが良いでしょう。特に商売関係で掲載する場合は注意が必要です。何をするとどの程度の金額が発生するのか等、消費者は金額に対して厳しい目で精査していますので「その金額に対してどんな対価を得られるのか」等お金を払っても良いと思わせる情報を載せる、またはそういった情報を多く掲載する事で消費者の購買意欲を刺激し利用や購入に繋がるのです。風俗店でも同じ事で、風俗店の場合は女性が商品になりますので、利用価値のある女性がその店舗に在籍しているのかも重要なポイントになります。消費者も損をした気持ちになるような女性はわざわざ指名しませんし、利用もしません。ですので、広告掲載に関してはその風俗店でも特に人気な女性の写真を掲載し「この女性なら利用してみたい」と思わせなくてはいけません。風俗店の場合は各店舗同じような手法を用いて広告を掲載しますので、どの広告を見ても同じ印象を持たれがちです。ですので、他の風俗店との差異を出す事で集客に繋がる可能性は大きく、その方法は何でも良いのです。金額関連から言えば、利用料金を条件付きで安くする、掲載している媒体サイトの名前を言うとサービスを塚出来る等の付加価値を付けることもいいでしょう。また見栄えに関しては体験動画等もあると尚良いでしょう。体験動画があれば女性毎にどういった内容のプレイが出来るのか一目瞭然ですし、利用客は男性ですので動画を見ることにより性欲を掻き立てることが出来ます。また動画の効果それだけではなく、風俗店でありがちな写真詐欺がないことを証明する重要な役割を担いますので、動画を掲載出来る今日の風俗広告サイトでは活用しない手はありません。

[ 2017-10-05 ]

カテゴリ: 営業用広告のいろは

フリーエリア

カテゴリー