風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 風俗店が掲載する営業用広告の価格は大きく見やすく

風俗店が掲載する営業用広告の価格は大きく見やすく

最近のホームページによく感じることは、前置きやそのことに関しての不要な説明が多く、一番知りたい情報がなかなか見つからなかったり探しにくい場所に掲載されている事が多く調べ物を億劫にさせるようなホー、うページが多い気がします。新聞と同じで重要な事に関してのアンサーが無く、経緯や説明に終始するものばかりで肝心な情報、一番知りたい情報にはたどり着けない、ような印象を持ってしまっています。風俗の営業用サイトでも最近では同じことが言え、掲載されている情報よりも実際に利用した際に発生する金額はどれだけ掛かるのか、と言うものがわかりにくいのです。更にわかりにくくするのがキャンペーンなどの期間限定で利用料金を下げてくれるものです。これには一般利用料金から例えば¥1,000安くします。と言われても、一般料金っていくらよ?ってなるんです。普通に考えて料金システムページで料金を確認すればすぐに分かることなのですが、最近の風俗広告サイトの場合はお店の情報を前面に推しだしているだけで、結局は利用する時はどうしたら良いの?という感じなのです。風俗店のオフィシャルサイトは各コンテンツに情報がしっかりと乗っているのでこんなことを思うこともないのですが、風俗店営業広告サイトはそうはいきません。ですので、改善点としてはユーザーが一番知りたいであろう利用料金と女の子の出勤情報がわかれば良いのです。あとは電話し易いようにお店の電話番号を見やすい所に掲載すれば何も問題ないのかな、と思います。今の風俗営業用広告サイトはどこか見栄えだけに拘っており、見やすさに欠けています。見やすい事こそがホームページの勝ちをあげるものだと思いますが、ただ見栄えを良くしても情報が得にくいのでしたら意味がないですからね。また風俗店が利用客に一番知ってほしいのは当店にはこんなにも可愛い女の子が在籍していますよ!という事です。これがしっかり伝わっていれば利用客の中からその女の子のファンが生まれ、安定してお客さんが着いてくれる可能が生まれます。女性プロフィール画像の掲載はファンを作るためには必要不可欠で、どちらかと言えば店名よりも女の子の情報を知っていただいた後に、どこに在籍しているか知ってくれればそれで良いのです。女の子は風俗店の商品に当たりますので、その商品が上質(可愛い)な程お客は求めてきますから女の子を押し出してくれたほうがまだ良いんですよね。特に風俗店を利用する際は女の子のルックスを吟味しますのでそういった購買意欲を掻き立てるような訴求が出来るようにしなくてはいけません。

[ 2017-10-04 ]

カテゴリ: 営業用広告のいろは

フリーエリア

カテゴリー