風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 風俗店の広告ではまず見出しをしっかり

風俗店の広告ではまず見出しをしっかり

雑誌や新聞等で文章を構成されている部分に注目していただきたいのですが、その記事に関するタイトルがあり、見出し、小見出しと大きく分けて3構成に分かれている。この3つの構成がしっかりしていなければ折角いい文章が書いてあったとしても見にくく、内容が伝わりにくい構成になってしまいます。特に見出しは重要で物事の概要を説明する部分ですので読み手にとって重要な文章なのかどうでないのか一目で判断していただけるのです。この見出しを上手く活用されているのが新聞や雑誌なのです。興味を引くように見出しで煽る内容でもいいですし、訴えかける内容でも良いかと思われます。とにかく見出しの部分は読み手に考えさせる、興味をもたせる事ができればいいということなのです。今まで見てきた中でいきなり、見出しに答えを記すような記事ってなかなか見たことないですよね。敢えてこういった書き方をするのも良いかもしれませんが伝える内容にもよると思いますが、筆者が一番何が伝えたいのかが伝われば良いのかとも思います。さて、この見出し等の件について風俗店の広告に置き換えて考えてみることにしましょう。風俗店の広告を見る時一番最初に何を見に行くのか、ユーザーの目的をまずかんなが得る必要があります。広告ですからユーザーが求めている情報が一番先に目に入るようにすることにより、利用されやすくなると考えられます。では風俗店の広告で何の情報が求められているのか。私個人的には在籍している女の子の出勤スケジュールです。風俗店でもスーパーでも同じですが、買いたい商品が無ければそのお店を利用しないですよね。普段は陳列されている商品がたまたま今日は無かったとしてもその日に利用する事はありません。風俗店も同じで広告の中に本日の出勤情報で目当ての女の子がいなければまず利用しないですよね。例え店舗が勧めている女の子であってもなかなか代替で利用してみようとは思えないです。少し話は脱線しましたが出勤情報を目立つように配置し、見出しも出勤情報に関連するもので注目を集めれば良いのではないかと思います。もし仮にタイムセールやイベント等を行っている場合はそのことについて見出しを書くのも良いかもしれません。値引きや特別なプレイができる等の情報があれば例えお気に入りの女の子が出勤していなくても気になっていた女の子を利用してみようかなと思えるはずです。風俗の広告に限った事ではないですが、ユーザーに伝えたい事は見出しをしっかり活用して広告を打ち出していくのが鉄則です。風俗店では特に利用者のパイが限られてしまいますのでしっかりと訴求していきましょう。

[ 2017-10-03 ]

カテゴリ: 営業用広告のいろは

フリーエリア

カテゴリー