風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 掲載する店舗によって広告掲載に依存する度合いが違う

掲載する店舗によって広告掲載に依存する度合いが違う

今まで皆さんは広告と言うものを何度も見ていると思います。新聞等に織り込んでいるチラシやテレビで流れるCM、駅などで配られるティッシュやお仕事や商品を探す際に見るインターネット等様々だと思います。多くの広告は商品を掲載している、飲食店の情報を掲載している、会社名を紹介するために掲載している等で一般企業からの広告が主かと思われます。これら一般企業の広告は公に展開しても何の問題もなく、私達の生活の一部としてずっと周知され続けています。しかし、風俗業界の広告に関しては公に掲載することが出来ずテレビCMや新聞の折込チラシ、大型看板広告等、公共の場に掲載することが禁じられているのです。では風俗業界はどうやって掲載しているのかと言うとインターネット上での掲載しかないのです。強いて言えば、成人雑誌の裏や広告枠に掲載することは出来ますがそれだけです。現在では成人雑誌に掲載する風俗店やアダルト系企業の広告も少なくなっており、原因としてはインターネットの普及により雑誌を購入する男性がぐんと減った事が原因と考えられます。ですので現在では完全にインターネットに依存する形で風俗店の情報やアダルト企業の情報を掲載するなどしており、一部ユーザーに向けての展開を主としています。風俗業界で特に広告掲載を必要としている業種はデリヘル店ではないでしょうか。デリヘルは無店舗型風俗店と言われており、店舗を構えずに運営しています。ですので、お店の場所を周知することが出来ないので目星となるものがなく、存在を知ってもらわないと永遠と知られることがないのです。ですので風俗業界でも特にデリヘル店は風俗広告掲載サイトを多様化しており、少しでも自店をユーザーに知ってもらう為に躍起になっています。ソープやファッションヘルス、ピンサロ店等は店舗型風俗店ですのでお店の住所がありますので道を歩いている男性にお店の存在は知ってもらうことは出来るので最低限の周知は出来てしまいます。デリヘル店はそうはいかないので他業種の風俗店に比べたら手のかかる業種だというのはよくわかって頂けたと思います。いかに広告掲載をしてお店の事を知って貰うかは非常に重要で風俗業界では広告は言わば生命線そのものなのです。

[ 2017-10-02 ]

カテゴリ: 掲載に関して

フリーエリア

カテゴリー