風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 風俗の広告は打ち出す時期を逃すと全く意味がなくなる

風俗の広告は打ち出す時期を逃すと全く意味がなくなる

何にしても、何かの情報を打ち出すにはどれもこれもタイミングが必要で場所も重要になってきます。企業等でよく見受けられる傾向としては夏と冬のボーナスの時期より少し前、約1~2ヶ月前くらいから商品が安くなる等、まとめて買うとお得になるなど広告やチラシを良く見かけるようになります。特に顕著なのが旅行会社の広告です。ボーナスが出る時期は世間では長期休暇のシーズンになるのでその時期に遊びに行こうよ、と訴求するのです。多くの方は長期休暇を利用して普段行くことのできない観光地へ旅行を検討したり、里帰りを検討する方が大半で旅行会社に関してはこの時期に訴求できなければ会社として売上が立たない可能性もでてくるのです。ですので、広告やチラシを打つタイミングは重要でしっかりとその時期を抑えて情報を展開していかなくてはいけないのです。風俗業界も同じです。同じくボーナスを支給される時期に風俗店も広告を出す必要がありますし、長期休暇の時期に情報を展開する必要もあります。しかし、エリアによっては長期休暇期間は客足が減るところもあるのでそれに関しては例年の動きや傾向を加味して展開するか控えるかを検討していかなくてはいけません。風俗店が広告を展開する時期は一般企業よりも絞られている訳ではない事がわかります。風俗店は男性が主に利用するサービス業ですので、ある時期に盛んに利用されるなどのシーズンは特に無く、正直その人の気分次第ですのでいつがピークを迎えるなんてことは例年の動きを見て見ないとわからないのです。ですので、風俗店の広告は常に展開されている状態で、イベントがある時は広告の内容を変更する、またはサービス内容で特典を告知する等を行うのみで急に風俗広告の数が爆発的に伸びることはないのです。少し特殊ではありますが、その中でも特に風俗店の広告が活発になると言えば、夏季休暇、ハロウィン、クリスマスの3つではないでしょうか。風俗店ですので「興奮する」というのが肝でお客さんが興味をそそる内容のものを展開できれば実客に結びつく可能性は高まりますので、この時期だけは動きが大きくなるかもしれませんね。

[ 2017-09-28 ]

カテゴリ: 広告の活用

フリーエリア

カテゴリー