風俗広告情報 [アドフー]

 >  > 風俗の広告で注意したいこと

風俗の広告で注意したいこと

公共の場所や公に広告を展開できないのが風俗店やアダルト関連の情報です。これらは法律によって取り締まられており、現在では全く見なくなったピンクチラシ等が流行っていた時期は違法行為ではあったもののそこまで厳しく取り締まられていませんでした。ですが、1990年代初頭に施行された新風営法により、それらアダルト関連に準ずるチラシ、広告を厳しく取り締まる動きに発展していったのです。現在ではインターネットを介してのウェブ上でのみ掲載が許されていますが、それ以外の方法としては成人雑誌やスポーツ新聞、青年雑誌の大人が見るであろうと思われる物は許容範囲内として掲載を許されています。しかし、基本的には性的な描写や画像を表紙や表面上に出すことは許可されておらず、あくまで雑誌などの内容で説明する程度しか伽課はされていないのです。また昨今のスマホ切り替えの動きが激しく動いており、現在では8割強の方がスマホに切り替えている状況でスマホ一つで雑誌やそれらの情報を収集できてしまう世の中です。ですので、成人雑誌等を買う方も減少傾向にあり掲載を希望する風俗店も少なくなってきているのは確かです。現在では全てスマホで情報が収集できてしまうので、雑誌の需要も下がり問題になっていますがそれだけスマホユーザーは検索エンジンを駆使して情報を収集しているということになります。つまり風俗店の情報を収集するのも完全にスマホに頼りきっているので、例えば「○○ 風俗」などでそのエリアを検索する人も多いのです。検索エンジン上で表示されるホームページは約1~300サイトでその内の数ページはアクセスされている状況です。検索エンジン上で検索してすぐに表示されるサイトはアクセス数も多く、多くのユーザーの目に入るのでそれだけ情報を多く見てもらえる機会を作れるのです。ですので多くの風俗店はウェブ上の広告を利用して風俗店を掲載して多くの人に見て欲しい、利用して欲しいと願い利用しているのです。風俗やアダルトの広告はウェブ上だけの掲載が許可されていますので、全ての風俗店の広告がウェブ上に集中してしまいます。そうなると当然競争が生まれて情報に埋もれるものと露出が多くなり成功する風俗広告と分かれます。ですので、風俗店を新しくオープンした際には間違いなく広告を掲載すると思いますが、広告を掲載するサイトをよく選んで利用していくのがポイントです。

[ 2017-09-27 ]

カテゴリ: 掲載に関して

フリーエリア

カテゴリー