クレジットカードにすがる

 >  > クレジットカードの認証コードって?

クレジットカードの認証コードって?

インターネットでクレジットカードを利用すると認証コードの入力を要求されるケースもあります。認証コードとは裏面に記載されている3桁の数字になります。なぜ入力が求められるのかといえば、クレジットカードの番号や名前、利用期限は表面だけに刻印されています。そのため、表面の情報をどこかで入手した人でも入力出来てしまうのです。一方認証コードは裏面にありますので、表面の情報だけしか持っていない人は入力することは出来ません。つまり、認証コードを入力出来るということは表面と裏面の双方を確認出来ることになりますので、持ち主だと認定され、クレジットカードを使えるのです。入力するとなると面倒に思う人も多いかもしれませんが、防犯のためのものだと分かれば面倒だとは思っても納得出来るのではないでしょうか。表面だけの入力の場合、それこそちらっと表面を見られて記憶されてしまったら利用されてしまいますが認証コードまでは見えません。

[ 2016-09-28 ]

カテゴリ: クレジットカードの気になること

フリーエリア

カテゴリー