風俗広告情報 [アドフー]

TOP

風俗業界が広告を積極的に出す理由

風俗店を営む方たちにとって、風俗店を掲載してくれる広告は生命線と言っても過言ではありません。風俗店の場合は、皆さん御存知の通り公に広告を掲載できません。例えばテレビCMや公道や街でよく見られる大きな看板に風俗店の掲載をしてしまうと公序良俗に反する行為で法律違反になり、犯罪になります。基本的にアダルトコンテンツと区分されるものは公に広告を掲載できず、ネット上や雑誌上にしかお店の情報を発信するすべがないのです。一昔前に公衆電話でよくあったピンクチラシはその一例で今では違法となり禁止されています。また風俗の求人に関してのビラも禁止されており、無料案内所でよく見かける風俗店を紹介する無料雑誌もコンビニなどで置くことも禁止されています。ですので、公の目に入ってしまうところでは風俗店の掲載はできず、完全にネットや雑誌に依存してしまっている状態なのです。また風俗の広告掲載は非常に掲載料が高く、月に何十万も掲載料金を取る風俗求人広告サイトがあり、風俗店を経営するのは非常に難しいことがわかります。経費として広告費を捻出するだけではなく、人件費も当然かさみますので経営者は簡単に稼げると思っていたら大間違いなのです。では、風俗業界の専門の広告サイトを上手く経営できている会社はどうでしょうか。当然ある程度の収入は確保でき、十分に稼ぐことが出来るでしょう。ただ、ネット上で上手くいっていてもそれが長く続くことはありません。これには運営者の努力が必須で、現状が良いからと言って慢心していると痛い目を見ます。ネット社会は常に動き続けており、変化がないことはありません。常に検索結果は変わり、それに対して一喜一憂する会社も少なくないでしょう。風俗広告業界では日夜運営しているサイトの改善に躍起になっており、動かざるものは老いて枯れるので、常に何らかの動きや改善をしているのです。さて風俗店を経営している方でも同じことがいえます。風俗店の多くは自身のオフィシャルサイトを運営しています。検索結果で上位に表示されていれば広告を無理に利用することもなく、ユーザーに自身のサイトを露出することが出来るので広告掲載ほどではありませんがユーザーが目にする機会は増えます。一番いいのは広告掲載に余念がなく、検索結果でも上位に表示されていることが正にパーフェクトと言えるでしょう。

風俗店の広告掲載は必須

風俗店の運営を上手くやっていくのであれば風俗店の情報を掲載できる広告サイトを利用するのは必須と考えられます。風俗店は公に広告掲載出来ない分、完全にネット広告に依存します。ネット広告の場合ですと年齢認証ページ18歳以下、以上なのかの選別ができるのでネット上では基本的に掲載は可能です。風俗店の広告はポータルサイトと呼ばれる複数の風俗店の情報が集結しているお大規模なサイトでそのポータルサイトを全ての風俗店は利用しています。まずこのポータルサイトに広告掲載しなければ風俗店は存在すら表に出てきませんし、目立たなければお店にお客さんもこないので完全に風俗広告媒体サイトに依存してしまっている状態です。その他に掲載出来る場所があるとすれば、成年雑誌などの広告枠以外は無く、インターネットの方が閲覧するユーザーも多く、確実に見てもらえる機会を得るので雑誌掲載もあるものの、ウェブ上での掲載の方が圧倒的に多いことがわかります。また近年のスマートフォンを利用する数が多くなり、ますますウェブ至上主義が加速しています。雑誌広告も成人雑誌を購入しなければ目に入ることは無いのでウェブ上の情報と比較するとかなり見るられる機会は少なく、実客に繋がる可能性も低いです。風俗の広告はそもそも公に掲載することが出来ず、90年代初頭ではよく見られていたピンクチラシも現在では禁止となっており、ますますウェブ上での広告掲載が依存する状況となっています。風俗店自ら広告以外で情報を発信できるとすれば、メールマガジン等の自身から情報を発信していく他ありません。利用していただいたお客さんにいかにメルマガ登録をしてもらうかが鍵になってきます。メルマガ登録数を多くする工夫も必要で何も工夫しなければ案の定、増えるわけはなくほっといても増えるようなものではありません。では工夫とは具体的にどういったことを指すのかと言うと、それはサービス料金の値引きをメルマガ会員特典とする等のサービス提供を盛り込んだ内容でなければなかなか難しいのです。メルマガ自体をうっとしいと思う方が多く、ましてや風俗店からメルマガがくるということを他の人に知られたら偏見を持たれるのでなかなかメルマガ登録まで踏み切る方はいません。ですが、その風俗店を好きになってもらえればそういったメルマガの煩わしさを工夫して登録してくれるユーザーもいますので根気よく発信し続けていくことが良いかと思います。

風俗店が掲載する広告媒体サイトではお店の魅力を存分に伝えることが大事

何事も自分の伝えたいことが明確に伝えられるかが重要で話し方や伝え方次第で理解されるのか、されないのかが大きく違います。現代社会では多くの広告があり、業種の数だけ無数にあるので情報が埋もれてしまうほど多く、その全ての広告では決められた範囲にどれだけ訴求できるかが課題となっています。いかに伝わりやすいのか、工夫がされている広告ですが風俗業界の広告も同じことがいえます。特に風俗は公に広告を出すことが出来ません。完全にインターネットに頼って掲載をしているので、全ての風俗店が広告媒体サイトに掲載を依頼しますので、どれも同じ内容に見えてしまって情報が伝わりにくい状況が生まれてしまっています。同じ職種、業種のサイトが一箇所に集まってしまうと掲載する順番でも競争が生まれてしまい、順位争いが発生します。風俗の広告媒体サイトは掲載するプランや閲覧数によってランク分けしているので、多くの掲載料を支払っている風俗店は自ずと上位へ掲載されます。そうなれば、他の風俗店の情報に埋もれることがなく情報を発信できますが、その発信している情報がどの風俗店と同じであれば何も意味がないと思いませんか?待遇が何処も同じであれば後は勤務先で近い順番で選ばれるだけになりますので、他の風俗店と差異を生むことができれば目立つことが出来るのです。しかし、ネット社会は引用、コピーの世界です。新しいものはどんどん真似されてしまい、それが周りに広がってどんどん同じ情報が増えていくのがネット社会の怖いところです。ですので、一番いいのは真似の出来ないものを作り出すことで、そのお店独自のものがあればそれは強みとなること間違いないのです。風俗店の経営者は面倒くさがり屋が多く、適当に運営していますのでそもそも風俗の広告媒体サイトの掲載に関してはそれ程力入れていないのです。ただ掲載できていれば良いと思っている方が多いのかと思われるので、こういった所でしっかり訴求できるものがあれば十分集客ができるかと思います。ではどうすれば他の風俗店との差異が生まれるかというと、そのお店独自のキャンペーンがあればそれを打ち出す、それがなければ人気No1の女の子の写真を使用してみる等、興味関心を惹くモノをまずは押し出す必要があるかと思います。またデザインを一新してみるのも手かもしれません。派手なバナーであればシンプルなデザインへ変更して他の風俗店ではなかなか見ない色やデザインにするもの目立つ為には必要な事です。

フリーエリア

カテゴリー